愛犬の健康を一番に考えるドッグフード

今日本で動物を飼っているという家庭は、半数近くいます。
いろんな動物がいる中で、犬を飼っているという人はとても多いです。
犬はチワワなどの超小型犬からゴールデンレトリバーなどの大型犬まで幅広い犬種があるのが特徴です。
なので自分の生活環境によって、好きな犬種を選びやすいのが特徴です。

犬の健康を維持して、1日でも長生きするためには健康に気を配られたドッグフードを選ぶ必要があります。
一番大事なことは、今の犬に必要な栄養素がしっかり含まれているか判断することです。
まず年齢や犬種など関係なく重要な点は、主な原材料に何を使用しているかです。
原材料の一番最初に書かれているものが何か注目しましょう。

犬は肉食なので動物性のたんぱく質が必要になります
なのでラム肉、チキン、ターキーなど具体名が書かれたドッグフードを選びましょう。
小麦やトウモロコシといった植物性のたんぱく質が使用されている場合があります。
植物性のたんぱく質は消化しにくいため、犬の体への負担が大きくなります。

そして、もう一つは添加物が含まれているかどうかです。
酸化防腐剤、着色料、香料など添加物の中には発がん性が高いものが含まれている場合があるので注意が必要です。

これらのことを注意したうえで、もう一つ気をつけなければいけないことがあります。
それは、年齢に適したドッグフードを選ぶということです。
ドッグフードには、子犬用、成犬用、シニア用に分かれています。
最も成長する子犬の時期には、少量でも栄養素が凝縮して作られています。
しかしシニア用の場合は、低カロリーで作られていて子犬用とは全く逆になります。
なのでそのときに必要な栄養素をしっかり与えてあげることで、健康面に配慮することができます。

そしてシニアになると、特に多いのが肥満体になることです。
肥満体になると、がんや糖尿病など様々な病気を発症させてしまいます。
最近太ってきたなと感じたら、ダイエット目的のドッグフードに切り替えましょう
低カロリーを意識して作られていて、栄養バランスhttp://www.supreme-directory.com/fus.htmlも優れているので今までと同じ量を与えても大丈夫です。