動物病院とペットショップのドッグフードの内容の違い

犬は家族の大事な一員として、生活を共にしています。
大事にしているからこそ、こだわりたいのがドッグフードです。
最近では小型犬の人気が高まり、室内で飼われている犬が圧倒的に増えています。
すると外に出るときにえさを確保することはなく、飼い主が与える食べ物が犬のエネルギーの源にあります。
なので健康的な体を保つためにも、ドッグフード選びは慎重に行わなければいけません。

最近では老後を迎えた犬が病院にかかるケースがとても増えています。
また肥満体や糖尿病などで通院する場合もあります
動物病院の数もとても増えてきていると感じるでしょう。

そこで犬の栄養素であるドッグフードは、動物病院でも販売されています。
それではペットショップとどのような違いがあるのでしょうか。

まず一番の違いは、動物病院の方が犬の今の健康状態に適したドッグフードを選択できるということです。
動物病院では多くの犬種のデータがあります。
持病をかかえている場合はどのようなドッグフードが適しているのか、今までの傾向から判断することができます。
もし持病などがない場合でも、今後のかかりやすい病気への予防に効果的なドッグフードを選ぶことができます。
例えば、不足しがちな栄養素を確保できたり、低カロリーでも栄養素が豊富なものなどを選ぶことができます。

ただし一番のデメリットはコストが高いということです。
ペットショップに比べると価格帯も高いので、継続的に使用できると判断できるものを選びましょう。

ペットショップのドッグフードは安価なものから無添加なドッグフードまで数多く販売されています。
自分で選択肢が豊富にあること、ある程度の知識がなければ安全なものを与えることができません。
ただし価格的には、動物病院よりも安く手に入り、気軽に購入することもできます。
特に持病や価格面に不安がない場合は、ペットショップで選んでも問題はないでしょう。
愛犬が抱えている健康問題によってペットショップと動物病院のドッグフードどちらが適しているのか判断してみましょう。