仔犬が喜ぶドッグフード

いままで犬の平均寿命は5年ほどでしたが、いまでは15年以上も長生きする犬が増えています。
犬は家族の一員と考えている家庭が多いので、1日でも長生きしてくれるのは家族としてうれしい限りです。
特に産まれてから間もない子犬の時期は最もかわいいと感じる人が多いです。
ペットショップなので見かける動物たちも子犬の時期が最も多く、一番愛着を感じられる時期です。
それと同時に最も重要な成長期でもあるので、年齢に適したドッグフードを選ばなければいけません。

特に犬の場合は人間とちがって、成長スピードがとても速いです。
産まれて4週間ほどは母乳だけですが、4週目から離乳食がはじまります。
半年もたつと子犬用のドッグフードを与えていきます。
犬は生後一年で体の基礎を作りあげていきます。
なのでこの間に与えるドッグフードは、子犬に必要な栄養素をしっかり含んでいなければいけません
それではどのようなものが人気なのでしょうか。

子犬の一番の成長期をさせるために、良質な動物性たんぱく質を含んだものがお勧めです。
動物性タンパク質は、血や骨や筋肉などを作りあげるために必要な成分です。
子犬の中ではラム肉が苦手で食べない場合もあります。
なのでチキンやターキーなどの動物性のたんぱく質が人気があります。
実際販売されているものでもラム肉よりもチキンなどを使用されている商品が多いといえます。

そして皮膚や毛並みにとても重要なのが脂肪分です。
脂肪分でも動物性脂質を使用しているものがお勧めです。
ただし注意しなくてはいけないのが、動物性脂質と表示されていれば何でもいいというわけではありません。
何の動物か特定できない脂質は、酸化しやすいという特徴があります。
そのため、酸化防腐剤が使用されています
例えば、鶏油、ラム精製油、サーモン油など具体的に何の脂質なのか明確なものを選ぶようにしましょう。

子犬の成長期は半年ぐらいと、とても短くなっています。
さらにまだ食が細い時期でもあるので、食べる量があまり多くありません。
そのため少量でも栄養素がぎゅっと凝縮して作られているものを選んであげましょう。