猫が間違えてドッグフードを食べる

動物が好きな人の中には、犬と猫を同時に買っている人も多いです。
犬と猫はそれぞれ性質も異なるため、飼い主としては同じペットでも違った愛着を持つ人が多いようです。
もしも犬と猫を同じ環境で一緒に飼っていた場合、一番の問題点はえさです。
ドッグフードとキャットフードそれぞれを間違って与えてはいけません。
どちらか一方を与えてればいいのではと思う人もいるかもしれませんが、それだけは必ず避けましょう。
なぜならどちらでも構わないのであれば、最初から別々で製造されることなくペットフードとして統一して販売したほうがいいでしょう。
そうできない理由があるから別々で作られているわけです。

そこでもし猫がドッグフードを食べてしまったらどのようなことがおきるのでしょうか。
まずドライフードを一度間違えて与えてしまった場合は、量も少ないため特に体に問題が起こるわけではありません。
ただし継続的に食べ続けると、猫にとってはとても危険になります。
なぜならドッグフードには猫が必要なタウリンという成分が配合されていないからです。
犬は体内でタウリンを形成することができますが、猫はキャットフードで摂取しなくてはタウリン欠乏症になってしまいます。
タウリン欠乏症になると、心不全や失明といった病気になってしまい、命の危険や大きな障害を抱えてしまいます。

また安いドッグフードの場合は、主な原材料が植物性のたんぱく質が使用されています。
犬は消化できる能力がありますが、猫は消化しきれないため栄養不足になってしまい、内臓にも負担がかかります。
これらの理由から継続的にドッグフードを与えてしまうととても危険だといえます。

さらに危険なものがウェットフードのドッグフードです。
ウェットフードは素材感を感じられるように作られています。
猫が食べてはいけないネギ類やイカといった魚介類が含まれているものがあります。
これらの成分を摂取してしまうと貧血でぐったりしたり、下痢やおう吐などの症状がおきます。
ウェットフードを購入する際には、万が一猫が食べても大丈夫な栄養素か確認してから購入しましょう。