オーガニックフードの細かい内容について

今ドッグフードの安全性に注目して購入している人がとても増えています。
それは、平成19年に施行されたペットフード安全法がきっかけの一つでもあります。
ペットフード安全法が適応される前は、商品に原材料の記載が義務付けられていませんでした。
なのでどんな成分が入っているのか購入者は判断できない商品もありました。
今ではペットフードの約80%の原材料を記載しなくてはいけなくなりました。
より飼い主が商品を見極める必要性がでてきています。

そこでいま注目されているのが、オーガニックのドッグフードです。
長期保存するための保存料や着色料、香味料といった添加物が排除され、自然のものを使用して作られているドッグフードです。
科学成分が配合されていなため、犬の体への負担がとても少ないのが特徴です。

オーガニックのドッグフードを選ぶ際にはどのような点に注意したらいいのでしょうか。
オーガニックのドッグフードの中でも最もこだわっているのが、原材料の生産工程です。
農薬、遺伝子組み換え、抗生物質、ホルモン剤などを使用していない状態で、農作や飼育が行われています。
なので安全性が高く、原材料からこだわっているので安心感があります。

国産でオーガニックにこだわっている商品もありますが、日本の基準がとても低いため信頼性が低いといえます。
それに対して海外製の場合は、オーガニックに関する基準がとても厳しくなっています。
決められた基準をクリアしていなければ、オーガニックというフレーズを商品名に使うことができないようになっています。
なので海外製品のオーガニック製品の方が人気が高まっています。

こだわって作られている商品はHPなどでどのような過程で作られているのか明確に記されていることが多いです。
なので気なるドッグフードがあった場合は、商品に対して詳しく調べてから購入しましょう。
また実際購入している人の口コミなどを検索しながら、愛犬の悩みなどに似た意見を参考に判断しましょう。