安全、安心を重視したドッグフード

日本でもペット普及率が高くなった半面、残念なことがあります。
それはドッグフードの品質です。
日本はアメリカやヨーロッパの国と比べるとドッグフードへの規制が緩いといえます。

近年ペットフード安全法が適応されて、原材料の80%は記載しなくてはいけないという決まりができました。
それまでは表示の義務がなかったため、どのようなものが原材料で使用されているのか把握できない状態でした。
そのため4Dミートと呼ばれる、粗悪な肉を使用して低コストで作られたドッグフードが数多く販売されていました。

犬にとっては飼い主から与えられるドッグフードがすべての栄養素になります。
だからこそ健康面に気を配るのであれば、安全や安心を重視したドッグフードを選ばなければいけません。

そこで今注目されているのが無添加のドッグフードです。
ドッグフードは、長期保存ができるように添加物が含まれている場合が多いです。
さらに犬がえさに食いつきやすいように香料を使用していたり、見た目がおいしそうに見えるように着色料を使用しているものもあります。
このような添加物を使用してる物を避けることがまず一番大事なことです。

そしてもう一つ注意が必要なのは、主な原材料についてです。
犬の一番必要な栄養素は良質なたんぱく質です。
犬は肉食なので、動物性のたんぱく質が必要になります。
チキンやラム肉、ターキーなど、何お肉で作られているものなのかはっきり記されているものを選びましょう。
肉副産物、肉骨粉と書かれたものなどは、4Dミートなどを使用している可能性が高いので避けましょう。

ドッグフードの中には海外製品http://www.keepthelovealivetour.com/parallel.htmlもとても多く販売されています。
特にアメリカからの輸入は多いのが特徴です。
アメリカの商品を購入する場合には、AAFCOの基準をクリアしたものかどうかを確認しましょう。
AAFCOの基準は日本よりもとても厳しく、人間が食べても大丈夫と言えるほど安全性が高いのが特徴です。
AAFCOの給与基準をクリアと書かれているもののみが有効です。
似たような言い回しをしている業者もあるので注意が必要です。

ささみを使った手作りドッグフードもいかがでしょうか。