ドッグフードの中でも歯の健康に欠かせない物

愛犬が増えたことで、ドッグフードがどんどん進化してきています。
その成果もあって、犬の寿命は3倍以上になり15年近く生きるようになりました。
長生きするほど病気にかかる可能性が高くなってしまいます。
その病気の一つとしてあげられるのが、歯の病気です。

歯は毎日の食生活で必ず使うものなので、とても重要です。
3歳以上の犬の85%近くが歯石などの歯のトラブルを抱えていることが分かっています。
口内トラブルになってしまうと口臭が気になったり、唾液が増えたり、歯茎の腫れや出血を起こしてしまう場合があります。
そうならないためにも、歯の健康を維持しなくてはいけません。

歯の健康を考えると、一番は歯磨きが有効的です。
ただし人間のように毎日できるとは限りません。
毎日のケアができない場合でも、なるべく歯の健康を考えた食生活にしてあげたいと思うのではないでしょうか。
そこで毎日食べるドッグフードで歯の健康を保つことができる場合があります。

まず歯の健康のことを考えると、ウェットフードではなくドライフードを食べさせるようにしましょう。
ウェットフードは、水分量が多いため歯にくっついてしまい歯石などの原因になります。
ドライフードhttp://www.zoo-movie.jp/doraitohannnama.htmlであれば、水分量が少ないため歯にくっつくことなく食べきることができます。
またドライフードの場合は、噛むことによって摩擦がおきやすいのが特徴です。
そのため、歯の表面の汚れなどを一緒に落としてくれる働きがあります。

また歯の健康を考えて作られたドッグフードもあります。
それはS字型の形状になっているドッグフードです。
通常のドッグフードは、丸くて硬いものが多いです。
それに対してS字のドッグフードであれば、犬の歯の形に合うように作られているので、噛むたびに歯にフィットします。
歯にフィットすることで、歯石がより取れやすくなります。
犬種によって歯の大きさなども異なるため、歯に適したものを選ぶことでより効果が得られます。