去勢済みに適切なドッグフード

犬を飼っている家庭では、成長と同時に一つの問題点を抱えます。
それは、繁殖に関することです。
繁殖をさせるつもりがない家庭がほとんどなため、繁殖機能を防止するために去勢手術http://animal-dog.com/c01-02-014.htmlを行います。
特に小型犬の場合は、室内犬として飼われることが多いです。
そのため 繁殖期になると交尾ができないことをストレスに感じてしまいます。
そのストレスを去勢することで緩和することができ、さらにストレス解消から寿命が長くなるとも考えられています。

去勢手術の時期は、性別の違いや医師の判断によっても異なります。
男の子の方が比較的に早くても問題ないと判断されやすく、去勢の時期によっては犬の性格にも影響が出てきます。
平均的には生後6カ月から去勢手術を受ける場合が多いです。

そこで去勢手術をする前と術後ではドッグフードを変える必要があるのでしょうか。
去勢後の場合、多くの犬が食欲が増すという結果が出ています。
なので今まで以上にドッグフードを食べる量が増えてきます。
さらに湖に時期はまだ子犬なので、ドッグフードでも最も栄養素が高いものを与えています。
なのでそのまま食べ続けてしまうと肥満体になってしまう可能性が高くなります。
またその逆に体質の変化を感じて、違和感を持ち食欲を落としてしまう場合もあります。

肥満体を予防するためには、去勢後に対応したドッグフードを選ぶようにしましょう。
去勢後はホルモンバランスが乱れやすくなり、より栄養バランスが整ったものが必要です。
特に食欲が旺盛になった場合には、去勢用のドッグフードであれば今までと同量でもカロリーが抑えられて作られています。
量を減らすことなく、さらに栄養バランスも整っているドッグフードのためとてもお勧めです。

もしも食欲が落ちてしまっている場合は、さらに趣向性を高めてあげると効果的です。
ウェットフードを混ぜたり、ドッグフード用のふりかけなどをかけてあげると食欲がます傾向があります。
去勢後はストレスをかけやすくなってしまうため、快適な食事を与えてあげるようにしましょう。