多頭飼いにも快適なドッグフード

今芸能人でも犬を飼っている人がとても増えました。
しかも多くの場合は、一匹だけではなく数匹一緒に飼っている場合が多いです。
犬好きな人ほど、多頭飼いをしている家庭が増えてきています。
たくさんの犬に囲まれて生活をしていると、癒されたり家の中もとても賑やかです。

たくさんの犬を飼っている場合、一番の問題はドッグフードの与え方です。
犬種や年齢が同じぐらいであれば、食事を統一できるので問題はありません。
しかし、小型犬から大型犬まで一緒に飼っている人もいます。
またシニア犬から子犬まで幅広い年代の犬を飼っている人もいます。
それぞれにえさを与えたとしても、その通りそれぞれが食べているとは限りません。
お互いのえさを交代して食べていたり、片一方が食べきっているかもしれません。
犬にとってはドッグフードだけが体の栄養素になるので、適したものを与えなければいけません。

例えば、犬種が違う犬で大きさも違う場合はどうしたらいいでしょうか。
年齢が同じぐらいであれば、子犬が食べやすい大きさの物で共通して食べられるえさを見つけるのが理想的です。
大型犬のものにしてしまうと小型犬が噛みきれなくなってしまいます
しかし大型犬は小型犬用では小さすぎて、栄養素も不足してしまいます。
なので小型犬が食べきれる大きさものがあれば、大型犬には量を多く与えることで解決できます。

もう一つの問題は年齢の違いです。
シニア犬と子犬が一緒に生活している場合は特に注意が必要です。
子犬用のドッグフードには少量で豊富な栄養素が摂取できるように作られています。
なのでシニア犬が食べてしまうと、とても高カロリーhttp://abrionline.org/karori.htmlになって肥満体になってしまいます。

一番の理想は、しつけをして別々で与えるようにすることです。
お皿をしっかり区別したり、食事の時間をづらすなどの工夫が必要です。
特にシニア用は、低カロリーで作られているので小型犬と歯栄養素が全く逆です。
成犬用に切り替えるまでは注意医が必要です。
成犬用に切り替えたときには、シニア犬でも一緒に食べられるようなドッグフードを選びなおしましょう。